ガンチャンの山日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田「太平山  1170.6m」

<<   作成日時 : 2008/09/29 07:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2008年9月28日(日)
  <メンバー> iwao・tieko
  <コースタイム> 
      仁別国民の森→旭又キャンプ場(P)(6:12)→
      山ノ神(御滝神社)(6:43)→御手洗(7:53)(8:00)
      →太平山山頂(8:57)(9:25)→往路下山→
      御手洗(10:02)→山ノ神(御滝神社)(10:53)→
      旭又キャンプ場(P)(11:23)→仁別国民の森

秋田太平山に最後に訪れたのは平成10年7月20日、10年の歳月
を経て今度は山頂から笹森を経由して下るコースを、訪れようとして
いた矢先に、9月22日に太平山頂三吉神社奥宮の参籠所(木造鉄筋
コンクリート建ての山小屋)が、発電機などの電気系統から出火して
全焼したと言う、

画像

↑ 旭又キャンプ場、車が40台以上駐車できる広いスペースがあり、
  トイレ(駐車場奥の茶色の木造の建物)も完備されている。
  まだ朝早いせいか駐車場には私の車と、きのこ採りの人の車二台

画像

↑ 駐車場の標識板のある、木橋を渡って行く

画像

↑ 木橋を渡り左手に馬場目岳への道を分けて
   直ぐに、太平山登山口の標柱がある

画像


画像

↑ 登山口標柱のある道を少し登り、往時の軌道跡の
  平坦な道を行き赤倉岳への、登山口を右にみて一
  つめの橋を渡って行く

画像

↑ 二つ目の弟子還沢の橋を渡ると、木のベンチ
  があり休憩するのに丁度良い、山ノ神・御滝神社
  の祠に出る

画像


画像


画像


画像


画像

↑木の根が複雑に絡みあった急坂を進み、ブナ林を進むと
 巨木のブナ林の中に木のベンチやテーブル、地蔵様が
 祀られている御手洗に着く

画像


画像


画像


画像

↑ 御手洗から美しいブナ林の山腹を登り切ると、
  馬場目岳・赤倉岳方面へのコースとの分岐点
  である、リンドウが咲いている稜線に出て、
  振り返ると日本海と男鹿半島が見えている。

画像


画像

↑ 大鳥居を潜って山頂へ、山頂に此れほどの
施設のある山も珍しいと言われていた、写真
  左手にあった参籠所(山小屋)の建物が無い

画像

↑ 山頂手前より馬蹄型に連なっている、笹森1045m、赤倉岳1084m、
  馬場目岳1037mを望む

画像

↑ 一等三角点、鳥居がある太平山山頂、岩手山、鳥海山、
  早池峰山など展望が得られるのだが、今一の天気が
  残念である

画像

↑ 火災から免れた山頂の社殿

画像

↑ 全焼した参籠所(山小屋)

画像


画像


画像


画像

↑ 当初の計画では山頂から、笹森経由で下る計画
  だったが天気がパットせず、登って来た往路を、
  旭又キャンプ場(P)へと下って行く。

画像

↑ 太平山を下り、仁別国民の森の
  森林博物館を見学する

画像

↑ 仁別国民の森より、太平山を振り返り見る

   
   「トップページ」ヘ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









   

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

秋田「太平山  1170.6m」 ガンチャンの山日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる