湯殿山登山口~月山・牛首

 ・2019年8月3日(土)

 家を出たのが遅くなり、湯殿山有料道路~
 湯殿山参籠所~湯殿山登山口から、遅めの
 出発となり有料道路のゲートの閉まる時間
 を考えると、月山山頂までは無理だろう、
 行ける所まで行こうと、湯殿山登山口を
 出発する

 湯殿山参籠所の大鳥居
_133.JPG

 湯殿山参籠所から、湯殿山参拝バスで湯殿山登山口へ
_134.JPG

 湯殿山登山口から歩き出す
_136.JPG

 仙人沢左岸沿いの登山道を進む
_137.JPG

 注連縄が張られている、仙人沢の滝
_138.JPG

 仙人沢の左岸の急な登山道を進むと、砂防堰堤
 の向こうに仙人沢を挟んで、品倉山から派生
 する尾根が見えてくる
_143.JPG

 水が流れている、岩の登山道を進む
_144.JPG

_145.JPG

_147.JPG

 急な鉄梯子の登り
_148.JPG

_149.JPG

 急な鉄梯子を過ぎ、湯殿山登山口を振り返る
_151.JPG

_152.JPG

 装束小屋、姥沢から登って来て、湯殿山
 登山口へ下って行くと言う方とスライド
_153.JPG

 装束小屋より姥ヶ岳を見る
_205.JPG

_154.JPG

 雪解けしたばかりの湿地帯には、高山植物
 が多く咲いています
_159.JPG

_197.JPG

_200.JPG

_198.JPG

_201.JPG

_157.JPG

_162.JPG

_161.JPG

_164.JPG

_172.JPG

_167.JPG

_168.JPG

_170.JPG

_171.JPG

_163.JPG

 姥ヶ岳~金姥~牛首への尾根を見ながら
_173.JPG

 月山山頂が見えている
_179.JPG

_176.JPG

 金姥の分岐
_180.JPG

 金姥分岐から稜線を進む
_181.JPG

 牛首付近から月山山頂を見る
_183.JPG

_184.JPG

_185.JPG

 月山山頂へは時間切れ、山頂神社を
 アップで見て帰ります
_186.JPG

 金姥分岐から、右手の道を下って行く白装束
 の団体、この団体の一人が熱中症にかかった
 ようです
_187.JPG

_188.JPG

_190.JPG

_191.JPG

 下りながら品倉山を見る
_193.JPG

 湯殿山を見ながら装束小屋へ
_194.JPG

_166.JPG

 装束小屋に到着
_155.JPG

 装束小屋から、急な鉄梯子の直ぐ手前の急斜
 面で、白装束の団体さんの一人が、熱中症に
 かかり横たわっていた、その人を担いで下る
 のは大柄な人で無理、ヘリを呼ぼうか此処で
 体を冷やして休ませ、落ち着かせてから下っ
 た方が良いとか、責任者の数人は残ってその
 人を介護して、他の人達は別の責任者と共に、
 下って行くようにと指示をしていた、大所帯
 の団体さんのガイド責任者は大変、急な登山
 道の鉄梯子はそんな事で大渋滞
_213.JPG

 私の前を下って行く外人さん夫婦、私に何やら
 話しかけてくるが、何を言っているのか私には、
 さっぱり解らない
_212.JPG

 渋滞した鉄梯子を過ぎ、湯殿山登山口へ下って行く
_217.JPG

_223.JPG

_224.JPG

 湯殿山登山口に下り、大勢の参拝する
 人達に混ざって私も、はだしになり
 湯殿山神社へ参拝をする
_227.JPG

 ≪足跡≫
yudono2.jpg

 トップページヘ























































































この記事へのコメント

遊ジロー
2019年08月05日 16:38
ガンチャンさん こんにちは。
湯殿山コースはまだ初夏の花が咲き始めた状態で、全ての花が生き生きして綺麗ですね。また、思ったより湯殿山へ縦走(三山詣り)されている方が多いのには驚きです。
私はいつも月山へは楽なコースを選んでしまいますが、湯殿山からは暫く(2012)行っていないので行きたくなりました
ガンチャン
2019年08月05日 17:07
遊ジローさんへ
湯殿山有料道路のゲート開閉時間があり、数年前に60里越えの時は車を
回したりしましたが、湯殿山~月山に登ったのは私も何十年ぶりです、
それが解っていて遅く行ったのはどうかと思いますが、山頂まで目指さず
行ける所までと、のんびりも又良いものですね